埼玉県生まれ。
大学卒業後、フォトグラファー・山本光男氏に師事。
2003年より、フリーランスフォトグラファーとして独立。
沖縄・石垣島、ハワイ・オアフ島への移住を経て、現在は神奈川県の三浦半島を拠点に活動中。
水中でバハマやハワイのイルカ、トンガのザトウクジラ、フロリダのマナティなどの大型海洋ほ乳類、陸上で北極海のシロクマ、フォークランド諸島のペンギンなど海辺の生物をテーマに活動。
2009年National Geographicでの受賞を機に世界に向けて写真を発表し、受賞作のマナティの写真は世界各国の書籍や教育教材などの表紙を飾る。
温泉に入るニホンザルの写真はアメリカ・スミソニアン自然博物館に展示。国内でも銀座ソニーアクアリウムのメインビジュアルはじめ企業の広告やカレンダーなどを撮影。
また、辻仁成・GLAY・MIYAVIなどのミュージシャンのライブ撮影も行い、雑誌、WEB、広告などに作品を発表している。

使用機材 Nikon D5  D850 D500

受賞歴:
☆National Geographic 日本版 2009 最優秀賞
☆National Geographic International Photography Contest 2009 奨励賞
☆2013年 Nature’s Best Photography Japan フォトコンテスト準グランプリ
アメリカ スミソニアン国立自然史博物館 年間展示

著書:
☆写真集 「KOTARO」 (SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS)
☆写真集「Penguin Being -今日もペンギン-」(玄光社)

[活動実績]
・広告 Advertisement
TAMRON / Mamiya / SONY /三井住友銀行

・カレンダー Calendar
2012年版  クラレ企業カレンダー
2020年版  鴨川シーワールドオリジナルカレンダー

・個展 Exhibition
2019年〜2020年「Colors -ペンギン島の物語 -」富士フイルムフォトサロン全国5都市巡回展
2020年3月「Colors -ペンギン島の物語 -」京都写真美術館
2021年3月〜5月「Colors -ペンギン島の物語 -」長崎ペンギン動物園にて開催予定

・展示
2015年 銀座ソニービルで行われた「48th Sony Aquarium」にて
メインビジュアル、ジンベエザメや沖縄の海の生き物たちの映像撮影を担当

・雑誌 Magazine
NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 / 週刊朝日 / BRUTUS / GQ JAPAN / フォトテクニックデジタル/ BE-PAL / 月刊カメラマン / MARINE PHOTO
/News Week(日本版)etc  (JAPAN)
SPORT DIVER MAGAZINE (U.S.A.)
electric! / DAILY TELEGRAPH / EMEL MAGAZINE / DAILY MAIL(UK)
DeMorgen (BELGIUM)
NATIONAL GEOGRAPHIC / Wunderwelt Wissen(GERMANY)
WWF (SWISS)

 

Born in Saitama
a photographer for underwater, animals and plants, landscape, person
and in various files.
walked around Japan and Asia at unversity student.
After graduation, became pupil under a photographer Mr. Mitsuo Yamamoto.
From 2003, started career as photographer.
lived in Okinawa for a year, and now is based Tokyo city

Awards:
☆Incentive Award of the National Geographic International Photography Contest 2009
(Nature Honorable Mention )
☆Nature’s Best Photography Japan 2013 (Second Prize)

Book:
☆Photo book 「KOTARO」 (SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS)
☆Photo book 「Penguin Being」(Genkosya)

このHPで使用されている全ての画像に関する著作権は岡田裕介が所有するものであり、いかなる利用用途であろうとも無断使用することを禁じます。
Copyright: Yusuke Okada No reproduction or republication without written permission. If you want use, please ask us from the form. Thank you. © Yusuke Okada